プリカについて知りたい方

プリカを使う

プリカの種類

プリカには磁気型プリカとIC型プリカがあります。

磁気型プリカ…テレホンカードなど

IC型プリカ…プリペイド型電子マネーなど

磁気型プリカの利用方法

  1. プリカを購入する
    • 買い物をするお店やウェブサイトなどで購入できます。
    • 500円、1,000円など決まった金額のものを購入します。
  2. プリカで支払う
    • レジでプリカを店員に渡します。
    • 店員が決済端末に通すと、代金が差し引かれ決済が完了します。
 

IC型プリカの利用方法

  1. プリカを購入する(交付を受ける)
    • 買い物をするお店やウェブサイトなどで購入できます。

      ※デポジット(預り金)や手数料が必要な場合がありますので、購入時に確認しましょう。

  2. チャージ(入金)する
    • 種類によって上限金額が決まっていて、上限金額の範囲内でチャージすることができます。
  3. プリカで支払う
    • 自分で決済端末にかざすと、代金が差し引かれ決済が完了します。
 

利用方法や注意事項を確認しましょう。

  • 購入できる商品、利用可能金額などがプリカに表示されていますので、確認しましょう。詳細が約款、説明書などに記載されている場合がありますが、それらは、プリカに添付されていたり、お店に掲示されていたり、発行者のウェブサイトで確認することができます。
    周知委託会員の前払式支払手段表示事項

利用できるお店は決まっています。

  • 発行者のお店や加盟店で利用できますが、どこでも使えるわけではありません。

お釣りは基本的にもらうことができません。

  • 例外としてお釣りがもらえるかどうかについては、発行者に問い合わせましょう。

残高の確認方法を覚えておきましょう。

  • 残高は買い物の後に発行されるレシートに記載されていますので、確認しましょう。
    【レシートが手元になく残高がわかないとき】
    • 磁気型プリカの場合は、決済端末の設置カウンターなどに問い合わせて確認しましょう。
    • IC型プリカの場合は、利用店舗のチャージ機や決済端末を利用して確認することできます。

盗難・紛失や破損にご注意ください。

  • 紛失・破損時の取扱いは発行者により異なりますので、発行者に確認が必要です。また、再発行を受ける際に、手数料などが必要になる場合がありますので、注意しましょう。

有効期限があるものがあります

  • 有効期限を過ぎると利用できなくなります。有効期限がある場合は、プリカに表示されていますので確認しましょう。

発行者の都合により利用ができなくなることがあります。

  • 発行者が発行の業務を廃止(発行と利用をやめること)、また、発行者が破産した場合は利用ができなくなりますので、注意しましょう。
    利用者保護について

詳しくはQ&Aコーナーをご参照ください。

▲ページの先頭へ戻る