周知委託会員の利用者保護措置

会員基本情報

会員名: パラテクノ株式会社

利用者資金の保全方法

資金決済法14 条1項の規定の趣旨:
前払式支払手段の保有者の保護のための制度として、資金決済に関する法律の規定に基づき、前払式支払手段の毎年 3 月 31 日及び 9 月 30 日現在の未使用残高の半額以上の額の発行保証金を法務局等に供託等することより資産保全することが義務づけられております。

資金決済法31 条1項に規定する権利の内容
万が一の場合、前払式支払手段の保有者は、資金決済に関する法律第31条の規定に基づき、あらかじめ保全された発行保証金について、他の債権者に先立ち弁済を受けることができます。

発行保証金の供託、発行保証金保全契約又は発行保証金信託契約の別:
当社の利用者資金の保全方法は次のとおりです。
・金銭による供託

無権限取引により発生した損失の補償等の対応方針

*利用者の意思に反して権限を有しない者の指図が行われたこと。

<テレビカード、病院内利便施設キャッシュについて>

テレビカード、病院内利便施設キャッシュは、汚したり、折り曲げたり、磁気のあるものに近づけると使用できなくなることがありますが、
当社は、その場合の再交付はいたしません。
また、盗難または紛失された場合等により、利用者に生じた損失についても、原則として、当社は、その責任を負わないものとします。

▲ページの先頭へ戻る